徒然草087)下部に酒飲ますることは

 下部に酒飲ますることは、心すべきことなり。
 宇治に住み侍りける男、京に具覚坊とてなまめきたる遁世の僧を、小舅なりければ、常に申しむつびけり。ある時、迎へに馬をつかはしたりければ、「はるかなるほどなり。口つきの男に、まづ一度せさせよ」とて酒をいだしたれば、さし受けさし受け、よよと飲みぬ。太刀うちはきてかひがひしげなれば、たのもしくおぼえて、召し具して行くほどに、木幡のほどにて、奈良法師の兵士あまた具してあひたるに、この男立ちむかひて、「日暮れにたる山中に、あやしきぞ。とまり候へ」といひて太刀をひきぬきければ、人もみな、太刀抜き矢はげなどしけるを、具覚坊手をすりて、「現心なく酔ひたるものに候ふ。まげて許したまはらむ」といひければ、おのおの嘲りて過ぎぬ。この男具覚坊にあひて、「御坊は口をしきことし給ひつるものかな。おのれ酔ひたること侍らず。高名つかまつらむとするを、ぬける太刀むなしくなし給ひつること」と怒りて、ひた切りに切り落しつ。さて、「山だちあり」とののしりければ、里人おこりていであへば、「われこそ山だちよ」といひて、走りかかりつつ切り廻りけるを、あまたして手おほせ、うち伏してしばりけり。馬は血つきて、宇治大路の家に走り入りたり。あさましくて、男どもあまた走らかしたれば、具覚坊はくちなし原によひ伏したるを、求めいでてかきもて来つ。からき命生きたれど、腰切り損ぜられて、かたはになりにけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→