徒然草089)奥山に猫またといふもの

 「奥山に猫またといふものありて、人をくらふなる」と人のいひけるに、「山ならねども、これらにも、猫の経あがりて、猫またになりて、人とることはあなるものを」といふ者ありけるを、何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺のほとりにありけるが聞きて、ひとりありかむ身は心すべきことにこそと思ひけるころしも、ある所にて、夜ふくるまで連歌して、ただひとり帰りけるに、小川のはたにて、音に聞きし猫また、あやまたず足のもとへふとより来て、やがてかきつくままに、頚のほどを食はむとす。肝心も失せて、防がむとするに力もなく、足も立たず、小川へころび入りて、「助けよや、猫また、よやよや」と叫べば、家々より、松どもともして走りよりて見れば、このわたりに見知れる僧なり。「こはいかに」とて川の中より抱き起こしたれば、連歌の賭物取りて、扇、小箱など懐に持ちたりけるも水に入りぬ。希有にして助かりたるさまにて、はふはふ家に入りにけり。
 飼ひける犬の、暗けれど主を知りて、飛びつきたりけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→