徒然草090)大納言法印の召し使ひし乙鶴丸

 大納言法印の召し使ひし乙鶴丸、やすら殿といふ者を知りて、常に行き通ひしに、ある時出でて帰り来たるを、法印、「いづくへ行きつるぞ」と問ひしかば、「やすら殿のがりまかりて候ふ」と言ふ。「そのやすら殿は、男か法師か」とまた問はれて、袖かきあはせて、「いかが候ふらむ。頭をば見候はず」と答へ申しき。
 などか頭ばかりの見えざりけむ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→