徒然草101)ある人、任大臣の節会の内弁を

 ある人、任大臣の節会の内弁を勤められけるに、内記の持ちたる宣命を取らずして、堂上せられにけり。きはまりなき失礼なれども、立ち帰り取るべきにもあらず、思ひわづらはれけるに、六位外記康綱、衣かづきの女房を語らひて、かの宣命を持たせて、忍びやかに奉らせにけり。いみじかりけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→