徒然草102)尹大納言光忠入道

 尹大納言光忠入道、追儺の上卿をつとめられけるに、洞院の右大臣殿に次第を申し請けられければ、「又五郎男を師とするより外の才覚候はじ」とぞ、宣ひける。かの又五郎は、老いたる衛士の、よく公事になれたる者にてぞありける。近衛殿、着陣し給ひける時、軾を忘れて、外記を召されければ、火たきて候ひけるが、「まづ軾を召さるべく候ふらむ」と、しのびやかにつぶやきける、いとをかしかりけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→