徒然草105)北の屋かげに

 北の屋かげに消え残りたる雪の、いたう凍りたるに、さし寄せたる車の轅も、霜いたくきらめきて、有明の月さやかなれども、くまなくはあらぬに、人離れなる御堂の廊に、なみなみにはあらずと見ゆる男、女と長押に尻かけて物語するさまこそ、何ごとにかあらむ、尽きすまじけれ。
 かぶし、かたちなど、いとよしと見えて、えもいはぬ匂ひの、さと薫りたるこそをかしけれ。けはひなど、はつれはつれ聞こえたるもゆかし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→