徒然草106)高野の証空上人

 高野の証空上人、京へのぼりけるに、細道にて、馬に乗りたる女の行きあひたりけるが、口ひける男、あしくひきて、聖の馬を堀へ落としてけり。
 聖いと腹あしくとがめて、「こは希有の狼籍かな。四部の弟子はよな、比丘よりは比丘尼は劣り、比丘尼より優婆塞は劣り、優婆塞より優婆夷は劣れり。かくのごとくの優婆夷などの身にて、比丘を堀へ蹴入れさする、未曾有の悪行なり」といはれければ、口ひきの男、「いかに仰せらるるやらむ、えこそ聞き知らね」といふに、上人なほいきまきて、「何といふぞ、非修非学の男」とあららかにいひて、きはまりなき放言しつと思ひけるけしきにて、馬ひきかへして逃げられにけり。
 尊かりけるいさかひなるべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→