徒然草107)女の物言ひかけたる返事

 「女の物言ひかけたる返事、とりあへず、よきほどにする男はありがたきものぞ」とて、亀山院の御時、しれたる女房ども、若き男達の参らるるごとに、「郭公や聞き給へる」と問ひてこころみられけるに、某の大納言とかやは、「数ならぬ身は、え聞き候はず」と答へられけり。堀川内大臣殿は、「岩倉にて聞きて候ひしやらむ」と仰せられたりけるを、「これは難なし。数ならぬ身、むつかし」など定め合はれけり。
 すべて、男をば、女に笑はれぬやうにおほしたつべしとぞ。「浄土寺前関白殿は、幼くて安喜門院のやく教へ参らせさせ給ひける故に、御詞などのよきぞ」と、人の仰せられけるとかや。山階左大臣殿は、「あやしの下女の見奉るも、いと恥づかしく、心づかひせらるる」とこそ仰せられけれ。女のなき世なりせば、衣紋も冠も、いかにもあれ、ひきつくろふ人も侍らじ。
 かく人に恥ぢらるる女、いかばかりいみじきものぞと思ふに、女の性は皆ひがめり。人我の相深く、貪欲甚だしく、物の理を知らず。ただ、迷ひの方に心も速く移り、詞も巧みに、苦しからぬ事をも問ふ時は言はず、用意あるかと見れば、また、あさましき事まで問はず語りに言ひ出だす。深くたばかりかざれる事は、男の智恵にもまさりたるかと思へば、そのことあとよりあらはるるを知らず。すなほならずして拙きものは、女なり。その心に従ひてよく思はれむことは、心憂かるべし。されば、何かは女の恥づかしからむ。もし賢女あらば、それもものうとく、すさまじかりなむ。ただ、迷ひを主としてかれに従ふ時、やさしくも面白くも覚ゆべき事なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→