徒然草109)高名の木登り

 高名の木登りといひし男、人をおきてて、高き木に登せて梢を切らせしに、いと危ふく見えしほどは言ふこともなくて、降るるときに、軒たけばかりになりて、「あやまちすな。心して降りよ」とことばをかけ侍りしを、「かばかりになりては、飛び降るとも降りなむ。いかにかく言ふぞ」と申し侍りしかば、「そのことに候。目くるめき、枝危ふきほどは、己が恐れ侍れば申さず。あやまちは、やすき所になりて、必ず仕ることに候」と言ふ。
 あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。まりも、かたき所を蹴出だしてのち、やすく思へば、必ず落つと侍るやらむ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→