徒然草110)双六の上手といひし人に

 双六の上手といひし人に、そのてだてを問ひ侍りしかば、「勝たむと打つべからず。負けじと打つべきなり。いづれの手か疾く負けぬべきと案じて、その手をつかはずして、一めなりともおそく負くべき手につくべし」といふ。
 道を知れる教へ、身を修め、国を保たむ道も、またしかなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→