徒然草112)明日は遠き国へ

 明日は遠き国へ赴くべしと聞かむ人に、心静かになすべからむわざをば、人言ひかけてむや。俄かの大事をも営み、切に歎く事もある人は、他の事を聞き入れず、人の愁へ、喜びをも問はず。問はずとて、などやと恨むる人もなし。されば、年もやうやうたけ、病にもまつはれ、いはむや世をものがれたらむ人、またこれに同じかるべし。
 人間の儀式、いづれの事か去り難からぬ。世俗のもだし難きに従ひて、これを必ずとせば、願ひも多く、身も苦しく、心の暇もなく、一生は、雑事の小節にさへられて、空しく暮れなむ。日暮れ塗遠し。吾が生既に蹉跎たり。諸縁を放下すべき時なり。信をも守らじ、礼儀をも思はじ。この心をも得ざらむ人は、物狂ひとも言へ、うつつなし、情けなしとも思へ。毀るとも苦しまじ。誉むとも聞き入れじ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→