徒然草113)四十にも余りぬる人の

 四十にも余りぬる人の、色めきたる方、おのづから忍びてあらむはいかがはせむ、言に打ち出でて、男女の事、人の上をも言ひ戯るるこそ、にげなく、見苦しけれ。
 大方、聞きにくく、見苦しき事。老人の、若き人に交はりて、興あらむと物言ひゐたる。数ならぬ身にて、世の覚えある人を隔てなきさまに言ひたる。貧しき所に、酒宴好み、客人に饗応せむときらめきたる。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→