徒然草116)寺院の号、さらぬよろづのものにも

 寺院の号、さらぬよろづのものにも、名をつくること、昔の人は少しも求めず、ただありのままに、やすくつけるなり。このごろは、深く案じ、才覚をあらはさむとしたるやうに聞こゆる、いとむつかし。人の名も、目なれぬ文字をつかむとする、益なきことなり。
 何事も、珍しきことを求め、異説を好むは、浅才の人の必ずあることなりとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→