徒然草118)鯉の羹食ひたる日には

 鯉のあつもの食ひたる日には、鬢そそけずとなむ。膠に作るものなれば、粘りたるものにこそ。
 鯉ばかりこそ、御前にても切らるるものなれば、やむごとなき魚なり。鳥には雉、さうなきものなり。雉、松茸などは、御湯殿の上にかかりたるも苦しからず。そのほかは、心うき事なり。中宮の御方の御湯殿の上の黒み棚に、雁の見えつるを、北山入道殿の御覧じて帰らせ給ひて、やがて御文にて、「かやうのもの、さながら、そのすがたにて御棚にゐて候ひし事、見ならはず、さまあしきことなり。はかばかしき人の候はぬ故にこそ」など申されたりけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→