徒然草119)鎌倉の海に

 鎌倉の海に、鰹といふ魚は、かの境ひにはさうなきものにて、この頃もてなすものなり。それも、鎌倉の年よりの申し侍りしは、「この魚、おのれら若かりし世までは、はかばかしき人の前へ出づる事侍らざりき。頭は下部も食はず、切りて捨て侍りしものなり」と申しき。
 かやうの物も、世の末になれば、上ざままでも入りたつわざにこそ侍れ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→