徒然草121)養ひ飼ふものには

 養ひ飼ふものには、馬、牛。つなぎ苦しむるこそいたましけれど、なくてかなはぬものなれば、いかがはせむ。犬は、守り防ぐつとめ、人にもまさりたれば、必ずあるべし。されど、家ごとにあるものなれば、ことさらに求め飼はずともありなむ。そのほかの鳥、獣、すべて用なきものなり。
 走る獣は檻にこめ、くさりをさされ、飛ぶ鳥は翼を切り、篭に入れられて、雲を恋ひ、野山を思ふ憂へ、やむときなし。その思ひ、わが身にあたりて忍びがたくは、心あらむ人、これを楽しまむや。生を苦しめて目を喜ばしむるは、桀紂が心なり。王子猷が鳥を愛し、林に楽しぶを見て、逍遥の友としき。とらへ苦しめたるにあらず。
 「およそ珍しき禽、あやしき獣、国に養はず」とこそ、文にも侍るなれ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→