徒然草122)人の才能は、文あきらかにして

 人の才能は、文あきらかにして、聖の教を知れるを第一とす。次には手書く事、むねとする事はなくとも、これを習ふべし。学問に便あらむためなり。次に医術を習ふべし。身を養ひ、人を助け、忠孝のつとめも、医にあらずはあるべからず。次に弓射、馬に乗ること、六芸に出せり。必ずこれをうかがふべし。文、武、医の道、誠に欠けてはあるべからず。これを学ばむをば、いたづらなる人といふべからず。次に、食は人の天なり。よく味を調へ知れる人、大きなる徳とすべし。次に細工、よろづに要多し。
 この外のことども、多能は君子の恥づるところなり。詩歌に巧みに、糸竹に妙なるは、幽玄の道、君臣これを重くすといへども、今の世にはこれをもちて世を治むること、漸く愚かなるに似たり。金はすぐれたれども、鉄の益多きにしかざるがごとし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→