徒然草123)無益のことをなして

  無益のことをなして時を移すを、愚かなる人とも、僻事する人とも言ふべし。国のため、君のために、止むことを得ずしてなすべきこと多し。その余りの暇、いくばくならず。思ふべし、人の身に止むことを得ずして営む所、第一に食ふ物、第二に着る物、第三に居る所なり。人間の大事、この三つには過ぎず。飢ゑず、寒からず、風雨にをかされずして、静かに過ぐすを楽しびとす。ただし、人皆病あり。病に冒されぬれば、その愁へ忍び難し。医療を忘るべからず。薬を加へて、四つのこと、求め得ざるを貧しとす。この四つ、欠けざるを富めりとす。この四つのほかを求め営むを奢りとす。四つのこと倹約ならば、誰の人か足らずとせむ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→