徒然草125)人に後れて

 人に後れて、四十九日の仏事に、ある聖を請じ侍りしに、説法いみじくして、皆人涙を流しけり。導師帰りて後、聴聞の人ども、「いつよりも、殊に今日は尊く覚え侍りつる」と感じ合へりし返事に、ある者のいはく、「何とも候へ、あれほどの唐の狗に似候ひなむ上は」と言ひたりしに、あはれもさめて、をかしかりけり。さる導師の讃めやうやはあるべき。
 また、「人に酒勧むるとて、おのれまづたべて、人に強ひ奉らむとするは、剣にて人を斬らむとするに似たる事なり。二方に刃つきたるものなれば、もたぐる時、まづ我が頭を斬る故に、人をばえ斬らぬなり。おのれまづ酔ひて臥しなば、人はよも召さじ」と申しき。剣にて斬り試みたりけるにや、いとをかしかりき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→