徒然草128)雅房大納言は

 雅房大納言は、才賢く、よき人にて、大将にもなさばやと思しけるころ、院の近習なる人、「ただ今、あさましき事を見侍りつ」と申されければ、「何事ぞ」と問はせけるに、「雅房卿、鷹に飼はむとて、生きたる犬の足を切り侍りつるを、中垣の穴より見侍りつ」と申されけるに、うとましく、憎くおぼしめして、日ごろの御気色もたがひ、昇進もし給はざりけり。さばかりの人、鷹を持たれりけるは思はずなれど、犬の足はあとなきことなり。そらごとは不便なれども、かかる事を聞かせ給ひて、憎ませ給ひける君の御心はいと尊きことなり。
 おほかた、生けるものを殺し、痛め、闘はしめて遊び楽しまむ人は、畜生残害のたぐひなり。よろづの鳥獣、小さき虫までも、心をとめて有様を見るに、子を思ひ、親をなつかしくし、夫婦をともなひ、ねたみ、怒り、欲多く、身を愛し、命を惜しめること、ひとへに愚癡なるゆゑに、人よりもまさりてはなはだし。かれに苦しみを与へ、命を奪はむこと、いかでかいたましからざらむ。
 すべて一切の有情を見て、慈悲の心なからむは、人倫にあらず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→