徒然草129)顔回は

 顔回は、志、人に労を施さじとなり。すべて、人を苦しめ、物を虐ぐる事、賎しき民の志をも奪ふべからず。また、いときなき子をすかし、おどし、言ひ恥づかしめて興ずる事あり。おとなしきひとは、まことならねば、事にもあらず思へど、幼き心には、身にしみて恐ろしく、恥づかしく、あさましき思ひ、まことに切なるべし。これを悩まして興ずる事、慈悲の心にあらず。
 おとなしき人の、喜び、怒り、悲しび、楽しぶも、皆虚妄なれども、誰か実有の相に著せざる。身をやぶるよりも、心を傷ましむる人は、人を害ふ事なほ甚だし。病を受くることも、多くは心より受く。ほかより来る病はすくなし。薬を飲みて汗を求むるには、しるしなきことあれども、一旦恥ぢ恐るることあれば、必ず汗を流すは、心のしわざなりといふことを知るべし。凌雲の額を書きて、白頭の人となりし例、なきにあらず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→