徒然草130)物に争はず

 物に争はず、おのれを枉げて人に従ひ、我が身を後にして、人を先にするにはしかず。
 万の遊びにも、勝負を好む人は、勝ちて興あらむためなり。おのれが芸のまさりたることを喜ぶ。されば、負けて興なく覚ゆべきこと、また知られたり。我負けて人を喜ばしめむと思はば、さらに遊びの興なかるべし。人に本意なく思はせて我が心を慰まむこと、徳に背けり。睦ましき中に戯るるも、人を計り欺きて、おのれが智のまさりたることを興とす。これまた礼にあらず。されば、はじめ興宴より起こりて、長き恨みを結ぶ類多し。これみな、争ひを好む失なり。
 人にまさらむ事を思はば、ただ学問して、その智を人にまさらむと思ふべし。道を学ぶとならば、善にほこらず、輩に争ふべからずといふ事を知るべき故なり。大きなる職をも辞し、利をも捨つるは、ただ、学問の力なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→