徒然草133)夜の御殿は

 夜の御殿は東御枕なり。大方、東を枕として陽気を受くべき故に、孔子も東首し給へり。寝殿のしつらひ、あるは南枕、常の事なり。白河院は、北首に御寝なりけり。「北は忌む事なり。また、伊勢は南なり。太神宮の御方を御跡にせさせ給ふこと、いかが」と、人申しけり。ただし、太神宮の遥拝は、巽に向かはせ給ふ。南にはあらず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→