徒然草134)高倉院の法華堂の三昧僧

 高倉院の法華堂の三昧僧、なにがしの律師とかやいふもの、ある時、鏡を取りて、顔をつくづくと見て、我がかたちの醜く、あさましき事余りに心うく覚えて、鏡さへ疎ましき心地しければ、その後長く、鏡を恐れて手にだに取らず、さらに、人に交はることなし。御堂のつとめばかりにあひて、篭り居たりと聞き侍りしこそ、ありがたく覚えしか。
 賢げなる人も、人の上をのみはかりて、おのれをば知らずして、外を知るといふ理あるべからず。されば、おのれを知るを、物知れる人といふべし。かたち醜けれども知らず、心の愚かなるをも知らず、芸の拙きをも知らず、身の数ならぬをも知らず、年の老いぬるをも知らず、病の冒すをも知らず、死の近き事をも知らず、行ふ道の至らざるをも知らず。身の上の非を知らねば、まして、外の謗りを知らず。但し、かたちは鏡に見ゆ、年は数へて知る。我が身の事知らぬにはあらねど、すべきかたのなければ、知らぬに似たりとぞ言はまし。
 かたちを改め、齢を若くせよとにはあらず。拙きを知らば、何ぞやがて退かざる。老いぬと知らば、何ぞ静かに居て身を安くせざる。行ひおろかなりと知らば、何ぞこれを思ふことこれにあらざる。
 すべて、人に愛楽せられずして衆に交じはるは恥なり。かたち醜く、心おくれにして出で仕へ、無智にして大才にまじはり、不堪の芸をもちて堪能の座につらなり、雪の頭を頂きて盛りなる人に並び、いはむや及ばざる事を望み、かなはぬ事を憂へ、来らざることを待ち、人に恐れ、人に媚ぶるは、人の与ふる恥にあらず。貪る心に引かれて、自ら身を恥づかしむるなり。貪る事の止まざるは、命を終ふる大事、今ここに来れりと、確かに知らざればなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→