徒然草135)資季大納言入道とかや聞こえける人

 資季大納言入道とかや聞こえける人、具氏宰相中将にあひて、「わぬしの問はれむほどのこと、何事なりとも答へ申さざらむや」と言はれければ、具氏、「いかが侍らむ」と申されけるを、「さらば、あらがひ給へ」と言はれて、「はかばかしき事は、片端も学び知り侍らねば、尋ね申すまでもなし。何となきそぞろごとの中に、おぼつかなき事をこそ問ひ奉らめ」と申されけり。「まして、ここもとの浅き事は、何事なりとも明らめ申さむ」と言はれければ、近習の人々、女房なども、「興あるあらがひなり。同じくは、御前にて争はるべし。負けたらむ人は、供御をまうけらるべし」と定めて、御前にて召し合はせられたりけるに、具氏、「幼くより聞き習ひ侍れど、その心知らぬこと侍り。『むまのきつ、りやうきつにのをか、なかくぼれいりぐれんどう』と申す事は、いかなる心にか侍らむ。承らむ」と申されけるに、大納言入道はたと詰まりて、「これはそぞろごとなれば、言ふにも足らず」と言はれけるを、「もとより深き道は知り侍らず。そぞろごとを尋ね奉らむと定め申しつ」と申されければ、大納言入道、負けになりて、所課いかめしくせられたりけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→