徒然草136)医師篤成

 医師篤成、故法王の御前に候ひて、供御の参りけるに、「今参り侍る供御の色々を、文字も功能も尋ね下されて、そらに申し侍らば、本草に御覧じ合はせられ侍れかし。一つも申し誤り侍らじ」と申しける時しも、六条故内府参り給ひて、「有房、ついでに物習ひ侍らむ」とて、「先づ、『しほ』といふ文字は、いづれの偏にか侍らむ」と問はれたりけるに、「土偏に候ふ」と申したりければ、「才のほど、既にあらはれにたり。今はさばかりにて候へ。ゆかしき所なし」と申されけるに、どよみになりて、まかり出でにけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→