徒然草137)花は盛りに

 花は盛りに、月はくまなきをのみ見るものかは。雨に向かひて月を恋ひ、たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあはれに情け深し。咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ、見どころ多けれ。歌の詞書にも、「花見にまかれりけるに、早く散り過ぎにければ」とも、「障ることありてまからで」なども書けるは、「花を見て」といへるに劣れることかは。花の散り、月の傾くを慕ふならひは、さることなれど、ことにかたくななる人ぞ、「この枝かの枝散りにけり。今は見どころなし」などは言ふめる。
 よろづのことも、始め終はりこそをかしけれ。男女の情けも、ひとへに逢ひ見るをばいふものかは。逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜を独り明かし、遠き雲居を思ひやり、浅茅が宿に昔をしのぶこそ、色好むとは言はめ。望月のくまなきを千里の外まで眺めたるよりも、暁近くなりて待ち出でたるが、いと心深う、青みたるやうにて、深き山の杉の梢に見えたる木の間の影、うちしぐれたるむら雲隠れのほど、またなくあはれなり。椎柴、白樫などの濡れたるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、身にしみて、心あらむ友もがなと、都恋しうおぼゆれ。
 すべて、月、花をば、さのみ目にて見るものかは。春は家を立ち去らでも、月の夜は閨のうちながらも思へるこそ、いと頼もしうをかしけれ。よき人は、ひとへに好けるさまにも見えず、興ずるさまもなほざりなり。片ゐなかの人こそ、色こくよろづはもて興ずれ。花のもとにはねぢ寄り立ち寄り、あからめもせずまもりて、酒飲み、連歌して、はては、大きなる枝心なく折り取りぬ。泉には手足さしひたして、雪には降り立ちて跡つけなど、よろづの物、よそながら見ることなし。
 さやうの人の祭見しさま、いとめづらかなりき。「見ごといと遅し、そのほどは桟敷不用なり」とて、奥なる屋にて酒飲み、物食ひ、囲碁、双六など遊びて、桟敷には人を置きたれば、「渡り候ふ」といふ時に、おのおの肝つぶるるやうに争ひ走り上りて、落ちぬべきまで簾張り出でて押しあひつつ、一事も見もらさじとまぼりて、「とあり、かかり」と物ごとにいひて、わたり過ぎぬれば、「また渡らむまで」といひておりぬ。ただ物をのみ見むとするなるべし。都の人のゆゆしげなるは、ねぶりていとも見ず。若く末々なるは、宮づかへに立ちゐ、人のうしろにさぶらふは、さまあしくもおよびかからず、わりなく見むとする人もなし。
 何となく葵かけわたしてなまめかしきに、明けはなれぬほど、忍びて寄する事どものゆかしきを、それかかれかなど思ひよすれば、牛飼、下部などの見知れるもあり。をかしくも、きらきらしくも、さまざまに行きかふ、見るもつれづれならず。暮るるほどには、立てならべつる車ども、所なくなみゐつる人も、いづかたへか行きつらむ、ほどなくまれになりて、車どものらうがはしさもすみぬれば、簾、畳もとりはらひ、目の前にさびしげになり行くこそ、世のためしも思ひ知られてあはれなれ。大路見たるこそ、祭見たるにてはあれ。
 かの桟敷の前を、ここら行きかふ人の、見知れるがあまたあるにて知りぬ、世の人数も、さのみは多からぬにこそ。この人みな失せなむ後、わが身死ぬべきに定まりたりとも、ほどなく待ちつけぬべし。大きなる器に水を入れて、細き穴をあけたらむに、しただることすくなしといふとも、怠る間なく漏り行かば、やがて尽きぬべし。都の中に多き人、死なざる日はあるべからず。一日に一人二人のみならむや。鳥部野、舟岡、さらぬ野山にも、送る数多かる日はあれど、送らぬ日はなし。されば棺をひさぐ者、作りてうち置くほどなし。若きにもよらず、強きにもよらず、思ひかけぬは死期なり。けふまでのがれ来にけるは、ありがたき不思議なり。しばしも世をのどかには思ひなむや。まま子だてといふものを、双六の石にて作りて、立て並べたるほどは、取られむこと、いづれの石とも知らねども、数へあてて一つを取りぬれば、その外はのがれぬと見れど、またまた数ふれば、かれこれまぬき行くほどに、いづれものがれざるに似たり。兵の軍に出づるは、死に近きことを知りて、家をも忘れ、身をも忘る。世をそむける草の庵には、しづかに水石をもてあそびて、これをよそに聞くと思へるはいとかなし。しづかなる山の奥、無常の敵、きほひ来らざらむや。その死に臨めること、軍の陣に進めるに同じ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→