徒然草138)祭過ぎぬれば

 「祭過ぎぬれば、後の葵不用なり」とて、ある人の、御簾なるを皆取らせられ侍りしが、色もなく覚え侍りしを、よき人のし給ふ事なれば、さるべきにやと思ひしかど、周防内侍が、
  かくれどもかひなき物はもろともにみすの葵の枯葉なりけり  
と詠めるも、母屋の御簾に葵のかかりたる枯葉を詠めるよし、家の集に書けり。古き歌の詞書に、「枯れたる葵にさして遣はしける」とも侍り。枕草子にも、「来しかた恋しき物、枯れたる葵」と書けるこそ、いみじくなつかしう思ひ寄りたれ。鴨長明が四季の物語にも、「玉だれに後の葵は留まりけり」とぞ書ける。おのれと枯るるだにこそあるを、名残なく、いかが取り捨つべき。
 御帳にかかれる薬玉も、九月九日、菊に取り換へらるるといへば、菖蒲は菊のをりまでもあるべきにこそ。枇杷皇太后宮かくれ給ひて後、古き御帳の内に、菖蒲、薬玉などの枯れたるが侍りけるを見て、「折ならぬ根をなほぞかけつる」と弁の乳母の言へる返事に、「あやめの草はありながら」とも、江侍従が詠みしぞかし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→