徒然草139)家にありたき木は

 家にありたき木は、松、桜。松は五葉もよし。花は一重なる、よし。八重桜は奈良の都にのみありけるを、このごろぞ、世に多くなり侍るなる。吉野の花、左近の桜、みな一重にてこそあれ、八重桜はことやうのものなり。いとこちたくねぢけたり。植ゑずともありなむ。遅桜、またすさまじ。虫のつきたるもむつかし。梅は白き、うす紅梅。一重なるがとく咲きたるも、重なりたる紅梅のにほひめでたきも、みなをかし。遅き梅は、桜に咲きあひて、おぼえおとり、けおされて、枝にしぼみつきたる、心うし。「一重なるがまづ咲きて散りたるは、心とく、をかし」とて、京極入道中納言は、なほ一重梅をなむ軒近く植ゑられたりける。京極の屋の南むきに、今も二本侍るめり。柳、またをかし。卯月ばかりの若かへで、すべてよろづの花、紅葉にもまさりてめでたきものなり。橘、かつら、いづれも木はものふり、大きなる、よし。
 草は山吹、かきつばた、なでしこ。池には蓮。秋の草は、荻、すすき、桔梗、萩、女郎花、ふじばかま、紫苑、われもかう、かるかや、りんだう、菊。黄菊も。つた、くず、朝顔、いづれもいと高からず、ささやかなる垣に、繁からぬ、よし。このほかの世にまれなるもの、唐めきる名の聞きにくく、花も見なれぬなど、いとなつかしからず。
 おほかた、何も珍しくありがたきものは、よからぬ人のもて興ずるものなり。さやうのもの、なくてありなむ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→