徒然草140)身死して財残ることは

 身死して財残ることは、知者のせざるところなり。よからぬ物たくはへ置きたるもつたなく、よき物は心をとめけむとはかなし。こちたく多かる、まして口をし。「われこそ得め」などいふ者どもありて、後に争ひたる、あさまし。後はたれにと志す物あらば、生けらむうちにぞ譲るべき。朝夕なくてかなはざらむ物こそあらめ、そのほかは何も持たでぞあらまほしき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→