徒然草141)悲田院の尭蓮上人は

 悲田院の尭蓮上人は、俗姓は三浦のなにがしとかや、双なき武者なり。ふるさとの人の来りて物語すとて、「あづま人こそ、言ひつることは頼まるれ。都の人は、ことうけのみよくて、まことなし」と言ひしを、聖、「それはさこそおぼすらめども、おのれは都に久しく住みて、慣れて見侍るに、人の心劣れりとは思ひ侍らず。なべて心柔らかに情けあるゆゑに、人の言ふほどのこと、けやけく否びがたくて、よろづえ言ひ放たず、心弱くことうけしつ。偽りせむとは思はねど、乏しくかなはぬ人のみあれば、おのづから本意通らぬこと多かるべし。あづま人は、わが方なれど、げには心の色なく、情けおくれ、ひとへにすくよかなるものなれば、初めより否と言ひてやみぬ。にぎはひ豊かなれば、人には頼まるるぞかし」とことわられ侍りしこそ、この聖、声うちゆがみ、荒々しくて、聖教のこまやかなる理、いとわきまへずもやと思ひしに、この一言ののち、心にくくなりて、多かる中に寺をも住持せらるるは、かくやはらぎたるところありて、その益もあるにこそと覚え侍りし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→