徒然草142)心なしと見ゆる者も

 心なしと見ゆる者も、よき一言はいふものなり。ある荒夷の恐ろしげなるが、かたへに会ひて、「御子はおはすや」と問ひしに、「一人も持ち侍らず」と答へしかば、「さては、もののあはれは知り給はじ。情けなき御心にぞものし給ふらむと、いと恐ろし。子ゆゑにこそ、よろづのあはれは思ひ知らるれ」と言ひたりし、さもありぬべきことなり。恩愛の道ならでは、かかる者の心に慈悲ありなむや。孝養の心なき者も、子持ちてこそ、親の心ざしは思ひ知るなれ。
 世を捨てたる人の、よろづにするすみなるが、なべてほだし多かる人の、よろづにへつらひ、望み深きを見て、むげに思ひくたすは僻事なり。その人の心になりて思へば、まことに、かなしからむ親のため、妻子のためには、恥をも忘れ、盗みもしつべきことなり。されば、盗人をいましめ、僻事をのみ罪せむよりは、世の人の飢ゑず、寒からぬやうに、世をば行はまほしきなり。人、恒の産なき時は、恒の心なし。人、窮まりて盗みす。世治まらずして、凍餒の苦しみあらば、咎の者絶ゆべからず。人を苦しめ、法を犯さしめて、それを罪なはむこと、不便のわざなり。
 さて、いかがして人を恵むべきとならば、上のおごり費やすところをやめ、民を撫で、農を勧めば、下に利あらむこと疑ひあるべからず。衣食世の常なる上に僻事せむ人をぞ、まことの盗人とはいふべき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→