徒然草143)人の終焉の有様

 人の終焉の有様のいみじかりし事など、人の語るを聞くに、ただ静かにして乱れずと言はば心にくかるべきを、愚かなる人は、あやしく、異なる相を語りつけ、言ひし言葉も振舞も、おのれが好む方に誉めなすことこそ、その人の日ごろの本意にもあらずと覚ゆれ。
 この大事は、権化の人も定むべからず。博学の士も測るべからず。おのれ違ふ所なくは、人の見聞くにはよるべからず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→