徒然草144)栂尾の上人

 栂尾の上人、道を過ぎ給ひけるに、河にて馬洗ふ男、「あし、あし」と言ひければ、上人立ち止まりて、「あな尊や。宿執開発の人かな。阿字阿字と唱ふるぞや。いかなる人の御馬ぞ。余りに尊く覚ゆるは」と尋ね給ひければ、「府生殿の御馬に候」と答へけり。「こはめでたき事かな。阿字本不生にこそあなれ。うれしき結縁をもしつるかな」とて感涙を拭はれけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→