徒然草145)御随身秦の重躬

 御随身秦重躬、北面の下野入道信願を、「落馬の相ある人なり。よくよく慎み給へ」といひけるを、いとまことしからず思ひけるに、信願、馬より落ちて死ににけり。道に長じぬる一言、神のごとしと人思へり。
 さて、「いかなる相ぞ」と人の問ひければ、「きはめて桃尻にして、沛艾の馬を好みしかば、この相を負せ侍りき。いつかは申し誤りたる」とぞいひける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→