徒然草146)明雲座主

 明雲座主、相者にあひ給ひて、「おのれ若し兵杖の難やある」と尋ね給ひければ、相人、「まことに、その相おはします」と申す。「いかなる相ぞ」と尋ね給ひければ、「傷害の恐れおはしますまじき御身にて、仮にもかく思し寄りて尋ね給ふ。これ、既にその危ぶみの兆しなり」と申しけり。
 果たして、矢に当たりて失せ給ひにけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→