徒然草151)ある人の云はく

 ある人の云はく、年五十になるまで上手に至らざらむ芸をば捨つべきなり。励み習ふべき行く末もなし。老人の事をば、人もえ笑はず。衆に交はりたるも、あいなく、見苦し。大方、よろづのしわざは止めて、暇あるこそ、めやすく、あらまほしけれ。世俗の事に携はりて生涯を暮らすは、下愚の人なり。ゆかしく覚えむ事は、学び訊くとも、その趣を知りなば、おぼつかなからずして止むべし。もとより望むことなくして止まむは、第一の事なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→