徒然草152)西大寺の静然上人

 西大寺の静然上人、腰かがまり、眉白く、まことに徳たけたる有様にて、内裏へ参られたりけるを、西園寺の内大臣殿、「あなたふとのけしきや」とて、信仰の気色ありければ、資朝の卿これを見て、「年のよりたるに候」と申されけり。
 後日に、むく犬のあさましく老いさらぼひて、毛はげたるを引かせて、「この気色尊く見えて候」とて、内府へ参らせられたりけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→