徒然草154)この人、東寺の門に

 この人、東寺の門に雨宿りせられたりけるに、かたは者どもの集まりゐたるが、手も足もねぢ歪み、うち反りて、いづくも不具に異様なるを見て、とりどりに類なき曲者なり、最も愛するに足れりと思ひて、まもり給ひけるほどに、やがてその興尽きて、醜く、いぶせく覚えければ、ただ素直に珍しからぬ物には如かずと思ひて、帰りて後、この間、植木を好みて異様に曲折あるを求めて目を喜ばしめつるは、かのかたはを愛するなりけりと、興なく覚えければ、鉢に植ゑられける木ども、皆掘り捨てられにけり。
 さもありぬべき事なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→