徒然草155)世に従はむ人は

 世に従はむ人は、まづ機嫌を知るべし。ついで悪しきことは、人の耳にも逆ひ、心にも違ひて、そのこと成らず。さやうのをりふしを心得べきなり。ただし、病をうけ、子産み、死ぬることのみ、機嫌をはからず、ついで悪しとて、やむことなし。生住異滅の移りかはるまことの大事は、猛き河のみなぎり流るるがごとし。しばしも滞らず、ただちにおこなひゆくものなり。されば、真俗につけて、必ず果たし遂げむと思はむことは、機嫌をいふべからず。とかくのもよひなく、足を踏みとどむまじきなり。
 春暮れてのち夏になり、夏果てて秋の来るにはあらず。春はやがて夏の気を催し、夏より既に秋は通ひ、秋はすなはち寒くなり、十月は小春の天気、草も青くなり、梅もつぼみぬ。木の葉の落つるも、まづ落ちて芽ぐむにはあらず。下よりきざしつはるに堪へずして落つるなり。迎ふる気、下に設けたるゆゑに、待ちとるついで甚だはやし。生老病死の移り来ること、またこれに過ぎたり。四季はなほ定まれるついであり。死期はついでを待たず。死は前よりしも来らず、かねて後ろに迫れり。人みな死あることを知りて、待つことしかも急ならざるに、おぼえずして来る。沖の干潟はるかなれども、磯より潮の満つるがごとし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→