徒然草157)筆を取れば物書かれ

 筆を取れば物書かれ、楽器を取れば音を立てむと思ふ。盃を取れば酒を思ひ、賽を取れば攤打たむことを思ふ。心は必ず事に触れて来る。仮にも不善の戯れをなすべからず。
 あからさまに聖教の一句を見れば、何となく前後の文も見ゆ。卒爾にして多年の非を改むる事もあり。仮に今、この文をひろげざらましかば、このことを知らむや。これすなはち、触るる所の益なり。心さらに起こらずとも、仏前にありて数珠を取り経を取らば、怠るうちにも善業自ら修せられ、散乱の心ながらも縄床に座せば、覚えずして禅定なるべし。
 事理もとより二つならず。外相もし背かざれば、内証必ず熟す。しひて不信を言ふべからず。あふぎてこれを尊むべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→