徒然草158)盃の底を捨つる事は

 「盃の底を捨つる事は、いかが心得たる」と、ある人の尋ねさせ給ひしに、「凝当と申し侍るは、底に凝りたるを捨つるにや候らむ」と申し侍りしかば、「さにはあらず。魚道なり。流れを残して、口の付きたる所をすすぐなり」と仰せられし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→