徒然草160)門に額懸くるを

 門に額懸くるを「打つ」と言ふはよからぬにや。勘解由小路二品禅門は、「額懸くる」と宣ひき。「見物の桟敷打つ」もよからぬにや。「ひらばり打つ」などは、常のことなり。「桟敷構ふる」など言ふべし。「護摩焚く」と言ふもわろし。「修する」「護摩する」など言ふなり。「行法も、法の字を清みて言ふ、わろし。濁りて言ふ」と、清閑寺僧正仰せられき。常に言ふ事に、かかる事のみ多し。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→