徒然草162)遍照寺の承仕法師

 遍照寺の承仕法師、池の鳥を日ごろ飼ひつけて、堂の内まで餌を撒きて、戸ひとつ開けたれば、数も知らず入り篭りける後、おのれも入りて、たて篭めて、捕らへつつ殺しけるよそほひ、おどろおどろしく聞こえけるを、草刈る童聞きて、人に告げければ、村の男どもおこりて、入りて見るに、大雁どもふためき合へる中に、法師交りて、打ち伏せ、ねぢ殺しければ、この法師を捕らへて、所より使庁へ出したりけり。殺す所の鳥を首に懸けさせて、禁獄せられにけり。基俊大納言、別当の時になむ侍りける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→