徒然草163)太衝の「太」の字

 太衝の「太」の字、点打つ、打たずといふ事、陰陽の輩、相論の事ありけり。盛親入道申し侍りしは、「吉平が自筆の占文の裏に書かれたる御記、近衛関白殿にあり。点打ちたるを書きたり」と申しき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→