徒然草164)世の人相逢ふ時

 世の人相逢ふ時、しばらくも黙止する事なし。必ず言葉あり。その事を聞くに、多くは無益の談なり。世間の浮説、人の是非、自他のために、失多く、得少なし。これを語る時、互ひの心に、無益の事なりといふ事を知らず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→