徒然草166)人間の、営み合へるわざを見るに

 人間の、営み合へるわざを見るに、春の日に雪仏を作りて、そのために金銀珠玉の飾りを営み、堂を建てむとするに似たり。その構へを待ちて、よく安置してむや。人の命ありと見るほども、下より消ゆること雪のごとくなるうちに、営み待つこと甚だ多し。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→