徒然草167)一道にたづさはる人

 一道にたづさはる人、あらぬ道のむしろに臨みて、「あはれ、わが道ならましかば、かくよそに見侍らじものを」といひ、心にも思へること、常のことなれど、よにわろくおぼゆるなり。知らぬ道のうらやましくおぼえば、「あなうらやまし。などか習はざりけむ」といひてありなむ。わが知をとりいでて人に争ふは、角あるものの角をかたぶけ、牙あるものの牙をかみ出だす類なり。
 人としては、善にほこらず、物と争はざるを徳とす。他にまさることのあるは、大なる失なり。品の高さにても、才芸の優れたるにても、先祖の誉れにても、人にまされりと思へる人は、たとひことばにいでてこそいはねども、内心にそこばくのとがあり。慎みてこれを忘るべし。をこにも見え、人にもいひけたれ、禍ひをも招くは、ただこの慢心なり。一道にもまことに長じぬる人は、みづからあきらかにその非を知るゆゑに、志常に満たずして、つひに物に誇ることなし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→