徒然草168)年老いたる人の

 年老いたる人の、一事すぐれたる才のありて、「この人の後はたれにか問はむ」などいはるるは、老いの方人にて、生けるもいたづらならず。さはあれど、それもすたれたるところのなきは、一生このことにて暮れにけりとつたなく見ゆ。「今は忘れにけり」と言ひてありなむ。大方は知りたりとも、すずろに言ひ散らすは、さばかりの才にはあらぬにやと聞こえ、おのづから誤りもありぬべし。「さだかにもわきまへ知らず」などいひたるは、なほまことに道のあるじともおぼえぬべし。まして、知らぬことしたり顔におとなしくもどきぬべくもあらぬ人のいひ聞かすを、「さもあらず」と思ひながら聞きゐたる、いとわびし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→