徒然草169)何事の式といふ事は

 「何事の式といふ事は、後嵯峨の御代までは言はざりけるを、近きほどより言ふ詞なり」と人の申し侍りしに、建礼門院の右京大夫、後鳥羽院の御位の後、また内裏住みしたる事を言ふに、「世の式も変はりたる事はなきにも」と書きたり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→